ぶぶろぶ

女子大生の戯言、聞いてやって。

結婚指輪フェチというひとのはなし

はい、わたしです。結婚指輪、たまりませんよね??

一週間前くらいに、高校のときの数学の先生に会いに行ったんです。男です。お話がてら美味しいご飯でも食べましょうってことで。その人は2年時の担任で受験前まで何回も何回も基礎的なところを尋ねては、授業で教えたはずなのに丁寧に教えてくれた神様みたいな人です。長期休みもわざわざ行っては午後の時間潰して一つ一つ教えてくれたり。この人いなかったら受かってなかったかも。恩人です。

 

かっこいいわけじゃないです。40台前半かなあ。ぽっちゃり体型だし。わたしは一対一で何回も接して人柄も分かってるし親身になってくれるのを知っているけど、この人やたらテストで鬼畜な問題出すんで、みんなから好かれてるってわけじゃないです。たぶん。平均点10点台とか...。わたしも尽く数学への自信をめっためたにつぶされてきました。

 

ごはんを食べなから、「何故ごはん?」と思ったんですよ。話すなら、学校で十分です。学校で出来ないような話をしている訳じゃないです。大学生活とか、今の高校の話とか、将来のこととか。そしてたぶん口下手。the理系って感じです。会話がね割と続かない...。まあそれでもごはんは美味しく(食べ放題にしてくれたから気を遣わなかったし)奢ってくれたし楽しかったわけですが。

 

でね、食べ終わってほんとにお腹いっぱいになってるんですけど、なかなか立ち上がらないんです。しゃべることもわりと底がついて、机の上の空いたお皿を眺めたりストローの袋をもじもじ弄りながら、「なんだろこの人...」という思いが強くなりました。

 

お店からようやく食べ放題の時間制限がきたことを告げられ(でもこの時点で1時間はすぎてた)、お店を出て先生の車に乗って、それでもなかなか出発しなくて先生の口から出た言葉が

 

「星でも見に行きたいね」

 

だったんです。 ああ、と思いました。ああ。むくむくと複雑な感情が湧き上がってきました。

アラフォーのスーツ着た男性と20前の女が一緒にいるってよからぬことじゃないですか。絶対。ご飯食べに行くならまだしも、ねえ。

 

ちゃんと綺麗に見えるところに行くには、家から1時間くらいの距離になるし、日付が変わる頃に到着しないと家とかの明かりが影響されちゃうよって。ねえ。

 

そういった感情が頭を出す時に、思い出したんです。

わたしがこの人の結婚指輪を好きだったこと。

 

教科の担当になって数回の授業を受けたときでした。もう私この人めちゃくちゃ嫌いでした。よく分からないこと指名するし、1人だけテンションが頭おかしいし...。(今思えば生徒とのうまい接し方が分かってなかったんかなあ)

はやく授業終わんないかなあってぼうっと先生を見ていた時、先生の指にきらっと光るものが見えました。左手の薬指、それは紛うことなき結婚指輪です。

 

それに気づいた瞬間、先生が大好きになりました。16のわたしチョロいでしょう。こんなに熱心に説明を繰り返し仕事一途のように見えて、家庭には妻がいること。そのギャップに悶えました。愛する人がいて、愛してくれる人がいること。その人と出会って、何回もデートを重ねて、喧嘩したり嫉妬したり体を重ねたり甘い言葉を囁いたりして、そうして結婚まで辿り着いたという過程を済ましていること。その愛する人と同じものを付けていて、付けているからにはその人だけを見続けなければいけないこと。すなわち愛の束縛を受けていること。(やばいな)

 

もちろんこんなことをずっと思い続けていたわけでないし、放課後だとかに勉強のことを聞きに行く時にはそんなやましいことは頭の片隅にすらありませんでした。

で、今車中には既婚の先生と二人きりなわけです。30人もの生徒を相手に教壇に立っていた先生といま車中で二人です。わたしだけを見てくれている、その優越感ったらない。

 

結局、そんなに遅くなるなら親も心配するしわたしも未成年だし次の日授業もあるしで、来年の夏にしようねってわたしの実家の近くの駅で別れました。

やっぱりこの人のことが恋愛的に見て好きなわけではありません。もちろん人としては素敵な方なのですが。その自分が今いる状況に悶々としました。帰ってから色々と妄想を膨らませて眠りにつきました。うふふ。チョロいなあわたし。

 

とにかく、結婚指輪が好きなんです。愛の結晶です。ああ、いま電車の向かいの髪ボッサボサ&脂ぎってるリーマンの指に結婚指輪!仕事を頑張っちゃうこの人も家にはハニーがいるんです。わざわざ愛を見せつけているなんてやらしいなあ...(ごめんなさい気持ち悪くて)

 

 

 

 

女子大生の思う性教育

はい。わたしはこのことをずーーっと考えてきました。

高2の頃、保健のテスト勉強中にいらいらしてきて、思いのままに書きなぐってそれを元彼に送り付けた文章を元に書きます。だから「女子大生が思う」というよりかは「女子高生が思う」の方が正しいかも。

 

ちなみに上から目線に色々言ってますが書いていた当時

は初体験前です。ああ恥ずかし。

 

 

学校の保健の授業ってごみなんです。ごみ。

 

私の高校は体育の先生が保健の授業を受け持っていました。高2の時は野球部(そこそこ強い)の顧問でした。やる気が微塵も感じられない授業でした。教科書を段落ごとに生徒(ほぼ野球部)を指名して読ませ、教科書の太字だけ板書しノートに写させる、それだけです。

性の分野に限らず、健康促進とかも全分野こんな感じです。定期テストは点数が欲しいなら教科書を丸暗記すればOKなテストでした。わたしはいい点取れました。

 

というか、中学校のときもほぼこの形式と同じでした。もっと酷かったのがテスト。教科書の本文そのまま穴埋めになって選択肢で選ばせるんです。それも、正解の選択肢以外も、きちんと文として成立するし内容からしても間違ってなかったりするんです。それを抗議しても、「教科書にこう書いてあるからだめ」と突っぱねられました。

 

というかあれですよ、保健の教科書自体おかしいです。何精神論語ってくれちゃってるんですか。そんなものどうだっていいんです。

「周りの人に配慮して...」「責任のある行動を...」ってうるせえわ!!!!そんなもの高校生が読んでああそうか気をつけようって思うか!そう思うレベルの高校生はそもそも清く正しく生きてるわ!!

 

というかね日々に根ざした実践的な性教育を保健の授業でしてほしいなあって思うんです。

 

生理の仕組みだとか射精の仕組みってまあ単語を並べて説明されるのも大切です。それと同時に、生理痛の激しさだったり、生理前のホルモンバランスの乱れで引き起こされる諸症状を学ばせてくれって思います。

実際に自分の体の中で変化が起きていて、それが何かわからないんで困ってます。わたしは結構生理がひどくて、生理前と生理中は薬に頼って何とか生き延びている感じです。メンタルがボロボロになったり食欲が止まらなかったりします。お腹もズシンと重くて、やる気も出ません。なんでこうなるかを知りたいし、これを異性に知って欲しい。あと生理がどれだけずれ込んだら不調かとか。

その代わり、わたし男の人の体の仕組みはなにも分からないんです。教えてください。

 

そして、性分野での保健の授業の根底にあるのは「避妊するためにどうするか」だと思います。避妊具としてコンドームとかピルとかが表になって長所と短所が示されていたのを覚えています。そして最後に「責任ある行動を」ですよ。(保健の教科書なんて捨てたので詳しくは知りませんが)

 

それでいいのか?!! そんなお決まり文句&綺麗事で高校生は興味を持ってくれると思ったか??

 

たしかに高校生に対して必要なのは「避妊するための知識」かもしれません。ただ、これからの人生に必要なのは「妊娠するための知識」ではないでしょうか。

妊娠するためには年齢が限られていることであったり、妊娠時の具体的な症状であったり...。もっと首を突っ込んでいくと苦しいかもしれませんが、安全日危険日の話だったり、不妊症の話だったり...。

 

とはいえ学校で出来ることに限界があるのもわかります。そういう知識は経験とかで培っていかなきゃならないんだっていうこともよーくわかります。友達とかと話したり現代ならスマホで調べたり...そういった手を駆使して今までやってきたじゃないか、うんうん、わかります。

 

でもですよ、「妊活」という言葉があり、不妊症に悩む人も多い中、高校生という多感な時期に知識を少しでも持っておくことは大切なんじゃないのかと思います。ネットの知識だってありとあらゆるものが溢れているし。

そして精神論とか綺麗事で済ませるんじゃなくて実際に自分の身の回りに目を向けられるような授業を、とわたしは思います。

 

「欲望は抑えるものじゃない、きちんと受け止めるもの」byぶぶ

 

そうです。性欲を汚らわしいものだと認識させておいて、いざ結婚適齢期になると「子供を産め」なんて話、ちゃんちゃらおかしいんです。

 

少子化をどうにかしようと思ったら、まず性教育に手をつけてほしい、女子大生ぶぶの願いでした。

 

愛しいなあ高学歴男子

ブログって何書けばいいかわかんなくて、ひとまずわたしのツイッターを遡って見て、これだっと思いました。

 

そう、愛しいんです。わたしの大学の男子。

なんというかなあ、胸がいっぱいになっちゃう。キュンキュンしちゃう♡とか、恋しちゃった♡ではない。決して。だって明らかに見た目冴えないもん。

 

というかね、男子単体を愛しく思ってるというのは間違いで、「見た目冴えない男子with清楚系色白ワンピ女子」に萌えるんです。

共感してほしいんだけどなあ。この組み合わせ、割といませんか?わたしが知ってるだけでも3組。全員わたし名前も学科も知らない。赤の他人。うち2組はいつもわたしと同じ授業を取っていました。彼らはいつも同じ席に座って、こそこそと授業中に話をしています。その話を聞きたいがために、いつもわたしは彼らの斜め前の席を陣取っていました。(すぐ前の席だとわたしの心が沸き立ちすぎる)

 

さあ始めましょう。

 

萌えポイント① お母さんに服を買ってもらってる感満載

 

うんうん。高校生まで制服だもん、仕方ないよね。いきなり私服の世界に放り込まれても困っちゃうよね。図体は大きくなり等身も変化しガタイも多少は良くなったのに、センスは小学生のあのころ(黒地に青光りするドラゴンがプリントされた裁縫セットもしくはお習字セットを迷いもなく選択したあのころ)のまま…(萌える)

いいの、そのままで。変わろうとしないで。変にモテようと画策して「大学生 おしゃれ ファッション」って検索して知識を蓄える周りに流されないで。君は君のままが素敵なんだよ。

なに書いてるかよくわからん筆記体の英字が上から下に左から右に入り乱れるTシャツとかね、袖口や裾の折り返しだけにチェック模様が入ったシャツとかね、大好き。あとね重ね着したかのように見せかけて実はしてないTシャツも好き。あれだもんね、ただのTシャツ1枚ペラって羽織るよりも、工夫を凝らしてて素敵だもんね。わかるわかる。

お母さんに買ってもらってる感強い服を、当人が買ってたら、なおよいなあ…。信念の強さ、素敵です。髪だけは絶対いじらないでね。

 

萌えポイント② 女の子慣れしてない話し方

 

これはね、上手く表現できないかも。話す言葉ひとつひとつが、空中に浮いてるの。女の子の方にしっかり投げ切れてない感じ。

基本、ひとの1.2倍速で話します。はやいはやい。わたしはどちらかというとすごく話すのが遅いから、早口で話せる人はうらやましいんだ。彼らはなんでそんなに決まって速いんだろう。頭の回転がいいのかなあ。理論チックな感じがしてときめいちゃいます。

あとね、妙に淡々と話す。女の子の起伏の多い話し方と比べられるから、なお平坦な感じがします。感情をうまく言葉のなかに落とし込めません。「わかるわかるー(棒読み)」

 

萌えポイント③ デュフフと笑う

 

ね、ほんとこれ。なんかのアニメとかの影響かな。見ないから全然わかんないや。無意識だとしたら、すごいよ!なにその一体感!声に出してるもん、「デュフフ」。ああ、この文字列を目で追うだけで彼らの顔が脳裏に浮かぶ…愛しいよ。

 

萌えポイント④ こんな感じなのにむっちゃかわいい女の子といる、そしてこんなかわいい女の子と話せる機会なんて、絶対高校までありえなかった(断言)

 

ね、この冴えない男の子に対して女の子の可憐さよ。色白で透き通った肌。丁寧に櫛で梳かれた髪をきゅっと素敵な色のリボンでまとめてます。服はワンピースのイメージだなあ。色素が薄めの服。やたら照明が強いああいうお店で買ってるんだろうなあ、わたしなんかが着たら笑われるんだろうなあっていう服。もちろん細身です。

女の子も派手な感じではないです。でも男の子ほど喋るのになれてない感じでもないというか。いつも微笑みを浮かべてます。性格がよさげなのが全身から読み取れる感じです。女神ですね。

女の子と話せて嬉しそうなのを必死に男の子は隠してます。上手く隠せてないからデュフフと笑うんですけどね。あと、たぶん付き合ってないです。深い関係に踏み込めず微妙なところにいるそのもどかしさがこれまたキュンとくる訳です。

きっとここまでくるのに猛勉強したんだろうなあと思います。来る日も来る日も机にしがみついて参考書を広げる毎日。よくがんばった、えらいえらい。その結果、いまかわいい女の子と喋れて良かったねえ。よかったよかった。高校時代、人によっては浪人時代の君に教えてあげたくなっちゃう。

 

 

分かっていただけたでしょうか、この魅力。彼らに関わりたいわけでない、1歩引いてそっと見守りたくなるかわいらしさ。繰り返しになりますが、そのままでいいんです。そのままで。おばさんは幸せです。

 

では。

 

さいしょに

昨日も「さいしょに」ってタイトルでブログ書き始めたんだけどブログ自体をこっ恥ずかしくなって消しちゃいました。

 

でも書きたい欲を消化できなくてちゃんと始めようかなって思います。

 

 

継続は力なりって言葉に逆らって生きてます。

 

なにか打ちこめることがある人が眩しいんです。かと言ってなにか熱中できるものを探そうとするのもばからしい。

 

遊ぶなら遊ぶ、勉強するなら勉強する、怠けるなら怠けつくす、そんな一個のことに全力を注いだ人のエピソードってほんと面白いんです。打って変わって何事もそこそこにこなす人間のつまらなさったらない。適当に単位を取って適当にバイトして適当にサークルしてる大学生の話より、パチンコ狂いで家庭崩壊させたおっちゃんの話の方が聞きたいでしょ。

 

好きなもの自体はたくさんあるんです。今いる学科だって、好きなことを発展させた先にある学問だし、たまに自分に向いてるなあとも思います。ただし、その好きなものを好きというレベル以上に引き上げるに足る熱量がないんです。なんでもいいからマニアとか、オタクとかになってみたい。

 

そしてわたし、自分で言うのもなんですが高学歴です。でも勉強に打ち込んだわけでなく、なぜかここまで来てしまったタイプのひとです。勉強がそこまで好きでもありません。現役合格でしたし、勉強に打ち込んだという感触もそこまで味わわずにここまで来ました。周りも高学歴なので、勉強ができるというアイデンティティは中学の時に捨てました。(中学受験したので)そして自分が高学歴ながら学歴で評価して欲しくないという気持ちもあります。

 

焦ってます、わたし。このままぐうたらスマホをいじいじする毎日でよいのかと。人生のモラトリアム、鼻くそほじって横になるだけで簡単に日が過ぎていきます。怖いよ。

 

「大学生 何もしてない」「大学生 何かしないと」でぐぐっては、意識高い系と形容される先を見すえた立派な大学生の方々に「大学生は人生の夏休みではない!!」と怒られたり、知恵袋にいらっしゃる先人たちに「今しか出来ないことをしましょう」と励まされたり。(それがなにか聞きたいんだこっちは)こんな不毛な夏休みで、いいんでしょうか?

 

 

 

要約︰思春期ってこんな長く続くものですか…?辛い。

 

思考が浅い割に変に精神に食いこもうとするから、うじうじうじうじ色んなことが心に留まり続けるんです。これを一言で「病んでる」というのは浅はかすぎるし。でもうまく考えられなくて「死にたい」に直結してた数年前に比べたら今はだいぶましかも。

 

どうなんだろう、そのへんにいる19歳の頭をかち割ってみたい。何考えてるの、それもどういう深度でさ。

 

くよくよ悩むのって時間が無いとできないよね。誇れることではないけれど。

 

好きなことってなんだ?って考え始めていちばん強く思い浮かぶのが「書くこと」です。でも文筆で生計を立てたいとか思えるほど上手くないし、それこそ熱量だってありません。それでも文字に起こすとすっと胸の内がほどけていくようで楽になります。たまにこうして「書きたい!」っていう熱が体に湧き上がるし。誰かに読んで欲しいとかあんまり思わないと言ったら真っ赤なうそです。でも読んでもらいたいと強く願いたくはないです。広告で稼ぐ気もない。

 

アピールポイントとしては、ぴちぴちの19歳JDです。肌が白いとよく言われます。よく食べます。よく寝ます。動きが鈍いことを気にしています。

 

 

では